GRIO日記2

花カフェ VERTDEGRIS 古川博之の日々のこと

もっちー(サン)



先日、相方のグリ日記で、新しいスタッフの紹介がありました。

元山さんというので通称モッチー。


お店がオープンして早2年。

当初、相方と二人でしようと思っていたところが、まったくお店が回らず、
おばかな二人でした(苦笑)

そして、仕事量が増えるたびに、一人また一人と仲間が増える。

仲間が一人増えるということは、経営者にとっては喜びでもありかなりのプレッシャーです。


自分たちがさらに仕事量を増やしていかないと、当然、娘たちを養っていけない。

どんなときも前を向いていないといけないし、立ち止まってなんかいられない。

そんな重圧が常に背中にあるわけですが、それでも仲間が増えるということはほんとに嬉しいこと(笑)


話は戻りますが、そうやって、仕事量が増えると当然仕事が分化していくんですよね。

みんなが同じ仕事をするのではなく、自分の背中を仲間のに託し、それぞれが目の前の仕事に専念する。


そんな中、モッチーはアトリエ隊として、主に事務や雑務のバックアップに入ってくれるそう。


センスが良く、相方の感性をとても理解してくれるそうなので安心!

でも経歴も優秀な人やと聞いてるのに、雑務やなんて・・・(苦笑)



お花屋は、確かにお花というとても華やかな感じに聞こえるけれど、そうやってお花には触れれない部門もあったり、ほとんどが雑務な仕事です。


毎日山のようにお花束の注文が入るわけでもないし、作り手だって一人じゃない。

それでも、お花で何か夢を与えられるようなお店になりたいと願うのは、全てのお花屋さんの夢じゃないんかなあ〜と思う。




ホームページは
VERT DE GRIS ONLINE SHOP




ブログランキング参加しています!!
たくさんのポイントアリガトウ!!

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルアンティークインテリアへ
にほんブログ村



VERTDEGRISへのお問い合わせは

gris@yahoo.ne.jpへ!

広告を非表示にする