GRIO日記2

花カフェ VERTDEGRIS 古川博之の日々のこと

ウェディング


3年前、VERTDEGRISがopenした頃、そうまだナオちゃんすら居ない頃(エミコはいてました(笑))、うちはまだスタッフを雇う気は無く、でもすぐに人手不足になり、2人のスタッフに緊急に助けてもらうことになりました。

ひとりは、お近く木津のナカヤマ珈琲くんの友人、そしてもう一人が、僕の中学の時の後輩の女の子でした。

彼女は、2つ年下で、体育際かなんかで同じブロックで、少し話したりしてただけで、そのまま仲良くなることもなく卒業してんけど、あるとき電車で偶然出会い、もう少し話すようになった。

僕がまだ大学で、梅田のアフタヌーンティにいた頃、それまた偶然彼女は京都大丸のアフタヌーンティで働いていることがわかり、たまに連絡をとるようになった。

決して恋心なんかが芽生えるわけでもなくて、同じ故郷の親近感とやらやと思う(笑)


そんな彼女が、実は調理をしていると知りスカウトした。


まあ、いろいろとあり辞めることになり、そのとき(3年前)お付き合いしていた彼氏と過ごす時間のため、京都市内に引っ越したんである。


そんな彼女から電話があった。


「結婚することになってん」
(先輩後輩の垣根をこえているので、敬語とかはありません笑)

「そうか!!おめでとう!!」


そして彼女は僕にブーケの依頼をくれた。

アンティークベージュが好きな彼女。

大きな大きな式ではないけれど、お花好きやから、生花で注文をくれた。

一式まあ、ほとんど儲けのないようなサービスしたけど(みんなゴメン、)気持ちをたっぷりこめていってきました。


お店は、OPEN当時に近ければ近いほど荒削りで、そんなはじめの基盤を一緒に考えてくれた。

そういう基盤は、なんらかの形でいまもお店の中のルールに溶け込んでる。

こうして、いろんな子達にいろんな命が吹き込まれ成長していくお店と並行して、これからもいろんなスタッフを見送り、もう交わることのない中で、いい距離を保っていけるのやろな、と思った。
(ん?これってマジ結婚していく娘を見送るオヤジの気分やん?!)


たまには旦那さんと遊びにおいでね、オメデトウ、サトコ!


さてさて、関係ないですが、ロハスフェスタ終了いたしました!

スタッフも毎日早朝から深夜まで働いてくれて、へんなテンションでした。
(特にさおちゃんのカワイイ顔がやばかったです苦笑)

詳しくはグリ日記にて!

娘達、お客様、そして家族達、みんなアリガトウ!!

娘達、今日はみんな死んだように寝てください(笑)


みんなアリガトウ!!
今回始めて24時間首位をいただきました!
そろそろ、ユミさんドーピングが切れるころなので、徐々に下降していく予定です(苦笑)

にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村



]

学園前レッスン

11月20日(水) 19時より  のみです。

次回のテーマは、クリスマス。

クリスマスにぴったりのアレンジをやってみたいと思います。





グリ日記はコチラ
スタッフブログはコチラから!

広告を非表示にする