読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRIO日記2

花カフェ VERTDEGRIS 古川博之の日々のこと

明日からランチプレートWEEKです!


明日から、いよいよ今年初の、ランチプレートWEEKでございます!

今日は、朝から、銀行、買出し、仕込み、と夕方までかかり、だいたいの仕込みまで終らせました。


花と違って、料理中はあまり調理器具以外に触れたくないので、写真などいつも省いておりますが、いつものごとく、手間暇かけて、僕自身が自宅ではやりたくない(笑)仕込みの細かさになっております。



和だけでも洋だけでもなく、そして温かみのあるものになっておりますので、ご予約頂いた方は存分にお楽しみに、ご予約いただいておられない方は、明日すぐにお電話を!(笑)


※限定20食になっておりますので、申し訳ありませんが、すでに、満席の日もございます。ご了承くださいませ。




さて、僕は、職業柄、仕事に関係しそうなこと、逆に関係しそうでないこと、たくさんの出来事に対して、アンテナがあらゆる方向に出ています。


なので、ちょっとしたことでも、「ああそうか」「ふむふむ」と何やらかんやら、インプットしていく癖があります。


今日の出来事で、


百貨店に行きました。


少し足りないものがあり、それがそこにしかないので、いったわけなんですが、食品のレジの後、レジのお姉さんが、手提げをガサッと数えずに入れてくれた。

そして、ちょっとした野菜とかパックのものも小さなビニールに、しかも一つずつ入れてくれた。


それは決して今始まったサービスでもなく、ただ僕が今回「あ」と思っただけで、お姉さんからしたら、ごく普通のサービスなのやと思う。



現在、イオンさんとかを含め、環境に配慮ということでビニール袋が有料に、という流れにあるけれど、時代に逆行しているのか?というとそうでもない気がする。
(ほんとに有料が環境にどれくらい効果がでているのかは、不明な感じですが)



自分がもし従業員なら、お客さんが欲しているのにお断りしたり、節約節約っていう社風なら、なんかサービスを後回しにしてもいいのかな?という思いになる気にもなりそうな気がする。
(いや節約はもちろん大事です)


百均のように、ほんとに安さがサービスであり他節約することによって成り立つものもあれば、そうして、安さが売りでないかわりに命一杯の接客やサービスで成り立つお店もあって、その中で、百貨店て、僕が小さいころから、機械化することもなく、ほんとに商売の王道を進み続けてるすごい業種やなあ、と尊敬する。



自分のやっていき道をいつも試行錯誤しながらすすんでおります!


みなさん、ありがとう!
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

グリ日記はコチラから

スタッフブログはコチラ