GRIO日記2

花カフェ VERTDEGRIS 古川博之の日々のこと

夙川 閃き


お店初めて一番過酷だった今年の母の日がおえました。


今年は色んな意味で炸裂!


母の日ってGWと重なるしね、全ての人が動くこの時期、外のイベントとももちろん重なるし、戦力的な分散がハンパない。


でもこういう極限状態、悪くない、とも思う。


おそらく僕は戦闘民族なんやろう。


また秋冬までにたっぷり戦闘力をたかめておくとしよう!




さて、そんな多忙期に入ったため、本題もしばらく停滞!


話が今に追いついてきました。


続編いきます!






不動産などを回り、いったん退却を決めた僕。



選択肢は2つ。


①駅近、人通りも多く、離れた場所の人も電車で来やすい物件。

②駅から少し歩いた郊外的な場所で隠れ家的なもの。





これは、新店などを出すときに必ず考えるべき要素で、一ついえることは、



「成功するかどうかというのは結果論である」


ということ。


たくさん案は練り、最大限の考慮と努力はもちろんのこと、やはりその空気にフィットするかどうかというのは、蓋を開けてみないと分からない部分がある。


木津という場所で、5年目を迎えれるうちの店がいい例だと思う。





それを頭に入れながら、多忙期に突入していくわけなんだけど、ここでアクシデント!


何日か経った後、一番初めにチコに見せてもらった物件が、時間差で、先に入居したい人が現れてしまったという!




まさかの事態だったのだけれど、僕はわりと縁とかを信じるほうなので、きっとここは縁がなかったのだな、と、自然と受け止めることができた。



しかし!

その瞬間、何か閃くものを感じた。



惜しむ気持ちとかではないんだけれど、どこか気になっていたもののツッカエが取れた感じの閃き。



そう。二番目に見た一軒家の家である。


これは確実に神のプッシュ。


プッシングだ!


すぐさま僕はチコに話を持ちかけた。。。






にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

グリ日記はコチラから

スタッフブログはコチラ

広告を非表示にする