GRIO日記2

花カフェ VERTDEGRIS 古川博之の日々のこと

含み色



恥ずかしながら。


中学生の、美術の時間。

小学校は図工しかなくて、中学生になって初めて美術という授受業があった。



その初めての授業の日のこと。

先生がこんな質問をした。

「では初めての授業になりますが、みんな、色って何色あるかわかりますか?」

と。



僕はこう考えた。


(いや、細かい色はたくさんあるかもやけれど、基本は6色くらいちゃうの?)

(その基本から色々作るんやろう、これ絶対あってるわ)

と。



先生は、何人かをあてて何択かに絞って、それに合わせて多数決のように、みんなに手をあげさせた。


「3色やと思う人!」

「12色やと思う人!」

・・・・


みたいに。





まあぼくは完全に6色派。


というか、6色やもん。

みんな手上げてるけど、6やで。




先生「はい。ではみんな答えいいますね。」


「答えは無限です」


僕(え!)




そう。何色合わせても、色は色。

その作る色、すべてが色だと。




確かに、6色派は少なかった・・・






まあそんな恥ずかしい色感覚の僕。

ものつくりが好きやから、そのトラウマを跳ね返し、のちに色検2級まで取ってしまうという荒業をするのやけど、今から思えば、色はほんとに奥が深い。



花屋になってなおさらその奥深さに魅了されてます。


今、お花の色合わせには自信があるので、来年始まるであろう、ぼくのレッスンには色合わせの極意が含まれます(大げさ)


色合わせのなかで、ぼくが最も重視しているものに、「含み色」というのがあります。

勝手に呼んでるだけやけど。

ぼくのアレンジ・ブーケにはそれが盛り込まれてます。


そう、こんなフルーツアレンジにも!






僕然としているように見えて、しっかりとした計算がある、そんなフローリストを目指しているフローリストです(笑)




そんな僕に応援お願いします!!

にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

グリ日記はコチラから

スタッフブログはコチラから

広告を非表示にする