読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRIO日記2

花カフェ VERTDEGRIS 古川博之の日々のこと

好きな仕事を



昨日ブログ書いてたら、横で点いていたテレビで、情熱大陸が始まった。


最近ずっと見てへんかってんけれど、ぼんやり見てたら、ちょっと前に世界初のミシュラン一つ星をとったラーメン屋だった。



始めは横目で見ていたんだけど、知らぬ間に手を止めて見入ってしまった。





僕は、今の仕事上、小売店なんかの経営とかの話にすごく興味があって、特に職人関係のものには参考になることもたくさんあるので、好んで見たり読んだりする。



話的にはざっとこんなんだ。



36になる店主は、ラーメンで一つ星をとり、その後仕事が激変する。

行列ができるのはいいけれど、早朝から並ぶ人たちへの整理券だけでOPEN前からSOLDOUT。



そしてそれにより、増えたスタッフ同士での衝突や、ラーメンを作ること以外の仕事が増え、さらには海外進出の話すら出てくる、というもの。





素晴らしいサクセスストーリーなんだけれど、その抱えるプレッシャーや、不安はとてつもないだろなあ、と思った。


成功者のまわりには、いろんなやっかみなんかは付き物だと思うし、自分の意思とは違うトコロで自分のこだわりが薄れていくような気分になるんじゃないだろうか?と。



そして自分に置き換える(癖)



まだまだそんなレベルはずっと先なんだけれど、海外なんて考えたこともないんだけれど、
OPEN当初ずっとこのテーブルの前で花を作り続ける!と思った思いは確実に進化していて、よりたくさんの人に認めてもらいたいという欲も出てきた。



そしてそれを外に発信するために、通常業務を任せることができるチームを作った。


今は、発信しながら、そのチームの育成や庶務という仕事がある。





ずっと花に触れていたからこそ始めたハズが、ちょっと逆転的になってるんだけれど、ずっと現場に居たいからこそたくさんの方の支持を得ることが大事やと思うので、こうして段階的に進んで、いつか花のことだけで頭いっぱいになれる日が来たらいいな、と思って頑張っていこうと思えた。




話は戻るけれど、そのラーメン屋の店主は不安いっぱいながら楽しそうやった。



あくまでドキュメンタリーやので、多少の演出なんかはあるんだろうけれど、どんな進み方をしたとしても、やっぱり好きな仕事してるのが一番やね。





「苦が苦じゃない」、これに尽きる。







そして、いつかきっと僕も出よう!(笑)
(15年くらい前から言っている・・・)









ぽちっと応援お願いしまっす!!



にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

グリ日記はコチラから

スタッフブログはコチラから

広告を非表示にする