GRIO日記2

花カフェ VERTDEGRIS 古川博之の日々のこと

お庭




今日は久々に、お庭仕事。




僕は、生花も好きだけれど、根付きのものも大好きだ。


それもそうそう、僕がプーゼに入ったとき、そんなに生花に興味もなくて、鉢物部門を任せて欲しいと思っていたくらいだから(笑)


特に植物のこと勉強した学生時代でもなく、むしろ植物自体も、なにか漠然とした空間インテリアのヒントがあると思って入ったこの世界。




結果的には今に至るんだけれど、今があるのには、段階的に鉢物に興味がでてきたことが大きい。




鉢物には、切り花にもプリザにもない、「成長する」という楽しみがあって、そこには、もちろん切り花を扱う上で役立つことがたくさんある。





切り花も、当然切る前は生きていたのであって、太陽の影響も育成の影響もしっかり受けているので、植物の生長を知ることで、その枝がどういう向きで生えていたのかがが一目でわかるようになる。







まあそれを知るために育てるわけじゃないんだけど、お庭仕事の時に、僕がとても楽しみに感じるのは下見の時だ。

もともとあったそのお庭、もちろん更地のような時もあるんだけれど、もともとあった植物が、どういうストーリーというかどんな年月を重ねてなの今なのかを想像するだけで、なんかすごく生命を感じる。


そして、もちろん誰かに依頼を任せようと思っておられるわけだから、それなりに整備が必要なのであって、そのお庭という空間をさらに植物の生長的にも景観的にも、自分の手で改善させてもらえるのは、楽しみでしかない。






ようやく、寒波も通り過ぎ、お天気も良くなってきたし、初春の空は気持ちいいし、張り切ってやっていこー!てな感じです(笑)




明日も続編いってきます!



しかし、普段、小ぎれいに花を触っているフローリスト的には、帰りのどろんこの時にはわりと人に会いたくないのである(笑)





↓↓↓こちらもポチっと応援お願いします!


にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

グリ日記はコチラから

スタッフブログはコチラから

広告を非表示にする