GRIO日記2

花カフェ VERTDEGRIS 古川博之の日々のこと

ブライダルブーケ



今年6年目を迎えたVERTDEGRISのポンプ小屋。


今はもう少し背伸びをして、計3店舗にまで発展したんだけれど、一番やりたかった「花カフェ」というスタイルの、原点です。



また、お花の文化がそこまで浸透していなかった田舎町に店を構えて、どうにかどうにかやりくりしてきた思い入れのある店です。






そして、そんなポンプ小屋がまだひよっこだった頃を支えて下さったお客さんも数多くおられます。





そんな中の、大事なお客さんの中のお一人から、妹さんのご結婚式のお花をご依頼いただいたのは、夏ごろでした。





僕は、お花屋さんって全てではないと思うけれど、その接客形態が、美容師さんに似ていると思ってます。



ご来店していただいて、お話しさせてもらって、時にはプライベートな会話もしたりして、そうやっているうちに、一人一人の好みが分かったり、

「いつもの感じでっ!」

とか

「もう信頼してお任せしますっ!」

とか、そういったやりとりに変わっていく感じが存在して、僕は、きっとお花屋という職業のそういうところもすごく好きなんだと思う。







そんな見知ったお客さんの妹さんなんだから、いつも本気だけどなおさら思いがこもります。




式で使うお花は基本白。



ほんのちょこっと打ち合わせさせていただいたんですが、もうほぼお任せのウェディングブーケ。



6年たって、ちょこっと進化したはずであろう両手に、さらに最大限の想いを込めて束ねさせて頂きました。




その夜、早速お姉さんの王から素敵な写真が。。。





フローリストは、魂のブーケを届けた後、まずその晴れ姿を見れることはあまりないので、こうして画像からでも幸せさが見れるというはほんとに嬉しいです。




I様、ほんとにありがとうございました!

A(旧姓)様 お幸せに!!






↓↓ぽちっとお願いします!


にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

グリ日記はコチラから

スタッフブログはコチラから

広告を非表示にする