GRIO日記2

花カフェ VERTDEGRIS 古川博之の日々のこと

7周年!!

f:id:vertdegris87:20170911155850j:plain

 

みなさん、大した話題でもない僕の40話題にいろいろのコメントありがとうございました!

 

これからもクオリティの良いもの追いかけてばんばります!

 

 

 

 

と、いうことなんですが、今月、併せてお店の7周年も迎えています。

 

 

もうこの周年記念の時は、毎度毎度ほんとにvertdegrisに携わってくれたすべての方への感謝しかないです。

 

みなさんほんとうにありがとうございます!♬

 

 

 

で、で。

 

今年は、7というなんかなんとなくラッキーな響きがする、とうことで、今回僕にとっては大きな挑戦を試みることにしました。(あくまで僕にとってです)

 

 

 

それは、「有料装花」です。

 

 

明らかに感謝が感じられないような言葉ですが、決してそんなことはないです、ハイ。

 

 

 

今までも、ディスプレイや、小さな装花・ブースをしてきましたが、いずれも有料だなんてありえないパターンでした。

 

 

 

そうしたかった理由はいくつかあります。

 

その中でも最もたる理由は、いちフローリストとして、「花を見る楽しみ」というものに価値を与えたかったからです。

 

それは、自分の能力の誇示というよりは、花屋の存在する意味にあります。

 

日本に生産者さんがたくさんいて、それを買う皆さんがいて、その真ん中に花屋がいるわけなんですが、やぱりその流れを円滑にするために花屋へのウェイトは大きいです。

 

これからもステキな花がどんどん出てきて欲しいと思うし、そのためにはどうやったらお花への関心・需要が増えるのか、きっと多くのお花屋さんが考えていると思います。

 

もちろんギフトやレッスンなんかもその内にはいるんだけど、また違った体感式の在り方としてこの装花ブースというをいつかいつか・・・と構想だけはしてました(笑)

 

だって、遊園地やテーマパーク、博物館や美術館といった体感式なものもちゃんと存在するんだからさーまだまだそんあレベルには達してないんだけど、そこに可能性を信じて取り組んでいきたいと思います。

 

ちなみに、僕の夢の先には、こういった形をもった、本当の「花カフェ」があります。

 

売り物の花だけが並んでいるだけじゃなくて、毎日が装花で覆われたカフェです。

 

 

いつか叶えたいなー

 

 

 

 

 

それにしても、明日も引き続きでが、この記念すべきイベントに台風がドンピシャってひどくない?!(苦笑)

 

 

f:id:vertdegris87:20170917042239j:plain 店内一部。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんお店のキャパもあるので、できるとに限りはあるしお店以外の場所でやるのなら意味がないし。。。

 

 

 

そして、その結果、僕にとっては大きな挑戦となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

40になりました

f:id:vertdegris87:20170913094701j:plain

 

はい

40歳になりましたグリオです。

 

 

39も変わらんけど、もうふつうにおっさんです(笑)

 

20代の子たちを見ると、エネルギッシュで羨ましいこの頃です。。。

 

 

 

 

また大台にのった感じだけど、節目ってちょっと物思いにふけたりしませんか。

 

自分が昔に描いた自分になれてるんだろうかなーって。

 

 

 

僕は、贅沢言えばきりがないけど、若かりし頃に願った夢の続きが今も見れていることはすごく幸せなことなんだろうな、と思っております。

 

自分の中では、結構遠回りした方と思ってます。

 

若かりし、とはいっても、花屋に勤め始めたのが24くらい。

しかも、その当時は花屋さんになりたかったわけでそっちに進んだわけではなく、素敵カフェがしたくて、植物自体は付属的なものに過ぎなくて。

 

そしてそれから調理に6年もかけたしね。

 

 

 

 

なんでもそうだと思うんだけど、「達成」よりも「継続」の方が難しいと思う。

(「達成」を軽視する意味ではないです)

 

そして、これは私見なんだけど、現状維持=継続ではないとも思う。

 

結果的に維持となることもあるだろうけれど、例えば短距離走で言えば、0,01秒縮めるためにどれだけの努力がそこにあって、そこに費やすすべてに意味があるということであり、そこに継続があるということです。

 

また精神論いたいなこと言ってしまってるど、そもそも自分が自分の進みたいことに対する根性とかって、根性とか呼ばないですよね(笑)

 

あと一歩でなにかに届きそうになったときに、その一歩のために何かを惜しむ人なんていないはずだしさー

 

 

 

 

おっとまた脱線しそうですが、

ほっといても年々歳は重ねていってしまうんだけど、その何かに向かう姿勢はどれだだけおじいになろうとも持ち続けたいな、と誓う40の僕でした(笑)

 

 

 

 

 

オマケ

 

さーそんなそんなでポンプの7周年イベントも近づいてきました。

僕の明日のブログあたりでそのへん書きますが、詳細グリ日記で記載されてるので、ぜひぜひご覧ください!!

広告を非表示にする

ディスプレイレッスン

f:id:vertdegris87:20170907210411j:plain

 

ギリギリなご案内。。。

 

 

いや~実は僕のブログ等では案内してなかったんで。。。

 

 

この9月にVERTDEGRISは7年目を迎えるんです。(おめでとー)

 

 

しばらく前からどんなイベントにしよう迷ってたんですが、やっぱり花屋なんだから今回はお花たっぷり使っての大型ディスプレイをすることになりました。

 

 

で、で、で。。。

 

せっかくなので、このレアな機会にディスプレイしていく様を一緒に体感してもらえるレッスンにしようじゃないか!ということになり、しばらく前にグリ日記の方でご案内しました。

 

なんですが、どうもどんなことするのかよくわかりにくかったようで、そんなご質問をちょこちょこ聞いて、もう一度かみ砕いて案内しようかと思ってます。

 

 

イベントは9月16.17日(土日)になるので、ぞの前日の15日にお店を臨時休業して1日がかりのディスプレイになります。

 

 

AMには、その骨組みを作ろうと思っているんですが、こちらはやぱし木材を使ったりるから危険を伴うということで、スタッフ内でやろうということになりました。

 

 

お昼をはさみ、午後から本番となります。

 

 

画像は以前似たようなレッスンしたのでサンプル的なものになりますが、今回はカッコいいポンプ小屋のイメージになります。

 

木材で骨組みをくんだとことろに枝ものや樹木を絡ませてある状態になっているので、午後に実際にお花を組み込んでいくことになります。

 

実際に翌日にお客さんに見ていただくことになるので、手厳しいレッスですが、これで装花の経験値がぐっと上がること間違いなし!(笑)

 

 

普段のレッスンでできるものではないので、この機会にぜひぜひご応募くだいね!

 

 

・・・めちゃくちゃギリだけどさー(笑)

 

 

「ポンプ小屋 7th Anniversarry フォトブースレッスン」

   9月15日(金) 14時~17時 12,000円

  (来ていただいた方は、ご希望で17日の閉店後にお花をもってかえっていただくこ                                   ともできます)

 

 

   ぜひぜひ!!

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

効率とクオリティ

f:id:vertdegris87:20170829095307j:plain

 

日頃、新しいことへの挑戦欲があって、少しで前に進んだ進んだことを望んでいる反面、

僕もそれなりにそれなりの歳で、それなりに旧型なとこもあるのか、どこか精神論に通ずることへの思いみたいなのが同時に並行してあります。

 

 

花屋とか、モノづくりの仕事って、それと同じように、相反するものが睨み合ってると思います。

 

 

 

効率とクオリティ。

 

 

 

 

もちろんその2つが重なった部分にほんとに良い仕事と呼べるものがあるんだろうけれど、このバランスはすごく難しいと思う事は多い。

 

 

特に花は、すごくクオリティの高いものだとしても、まったく同じものを量産するということが非常に難しく、また、量産できないからこそ生まれる美みたいなものがそこにあるからだと思う。

 

 

 

 

 

まあそういう背景の中感じることがあって、それは「何かにギリギリの時でこそ良い仕事ができる」ということ。

 

これはもしかすると人間の本能的なものかもしれないけれど、余力があるからできることも確かにあるんだろうけど、崖に追い込まれないと人間は本気になれない、的なことでもあると思う。

 

「夏休みの宿題」的なことじゃないです(笑)いやそれも一理あるかもだけど。

 

追い込まれ追い込まれ研ぎ澄まされたときに、もっとも集中力が高まりいい仕事になったりすることがあるということです。

(ファールを4つもらった魚住の感じです)

 

 

始めからそれを計画的にやりゃいいことなんだけど、人間の感情や脳はそうはできてないんかも。(あくまで僕の私見です)

 

 

 

普段仕事していて、その大きな波小さな波を、当然お客さんに見せないようにしているんだけど(当然)、その中ですごく時間刻みの中でアップアップしてるときにこそ妙に感性が冴えてくる時あります。

 

 

実際はめちゃくちゃ眠かったりするんだけど、そういうのって効率とか超越したとこがあるから人って不思議ですね(笑)

 

まあそんなこんなで、今年の夏はなんだかわかんないけどちょー追われた感じでしたとさ(笑)

 

研ぎ澄ませ感性!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

8月の終わりに

f:id:vertdegris87:20170823161920j:plain

2か月ぶりにブログでも書こう。

 

あっという間に8月も終わろうとしてます。

もう1年の3分の2です。

 

早い早い。

 

時間がないっていっちゃダメなんだけど、色々と目の前の仕事を優先させていると、なかなかにブログなどは後回しになってしまう日々です。

 

僕の場合、宣伝も兼ねてのお花の写真を絶対に載せる、というのを決めているので(よほどの他情報がない限り)まず人様に見せて恥ずかしくない写真を集めておかないといけないからなおさらである。

 

 

でもこの時期は必ずお伝えしたいことがあってなんとか書きたいなって思いパソコンを広げる。

 

 

なぜかって、9月は、ポンプ小屋の周年記念、つまりはVERTDEGRISを立ち上げた月なんですよねー

 

あれよこれよと年は流れ、VERTDEGRISはこの9月でとうとう7年になります!

パチパチ☆

 

 

 

めでたいこの機に、いろいろとイベント的に企画していまして、またそれは追ってご報告させていただきますが、7ともなると感慨深いです、ほんとに・・・

 

 

年々、体力的には落ちていくんだけど(苦笑)、1年1年積み重ねるということで、ほんとに生存競争の真っ只中にいることを痛く感じます。

 

 

僕は、お店って、「停滞は後退に等しい」っていう持論があるので、

その中で譲れないものを譲ってきたり、思うようにいかないことがたくさんあったりもして、でもそれでも這いつくばってでも進むしかなくて、

こういった節目って内心胸アツな感じになります(笑)

 

きっとこれはお店してる人やフリーの人達みんなが感じる部分じゃないだろうか、と思います。

 

ポンプ小屋7周は、日で言うと15日!

 

イベント的には9月16.17日(土日)を計画しております!

 

みなさん、要チェックお越し予定よろしくです!!(笑)

 

 

 

 

広告を非表示にする

梅田店→Blanteque

f:id:vertdegris87:20170702103625j:plain

昨日いよいよ、新生梅田店blantiqueブランティークがスタートしました。

早速お顔を出して下さった方、今日お越し予定の方、いつかいつか・・・と思ってくださっている方々。。。

無事2年を経過することが出来ました。

ほんとうにありがとうございます!

 

 

f:id:vertdegris87:20170702103609j:plain

さて今日はイベント2日目です。

 

1か月以上もすっ飛ばしたブログですが、今日は書こう。

 

よく読みにくいこの「Blanteque」とやら。

アンティークホワイト勝手に造語したわけなんで、ウィキってもでません。。。


何がちゃうねん、とお思いの方。


今日はそのお話を。


2年前に誕生したこの梅田店。
お店というのは、例え商品が同じであっても、何を売りたいのか?で、スタンスが大きく変わります。(僕の個人的な見解です)

それは物理的なものだけがー商品ーじゃないからだと思います。

f:id:vertdegris87:20170701123421j:plain



梅田店は当初ギフトのお店を思って出発しました。

都会としての需要を考えたからです。



なのだけど、しばらくすると、どうやらやはりウチはレッスンの需要が高いらしいということに気付く。

お花が上手くなりたい人、定期的にお花に癒されたい人、思いはそれぞれだけれど、生花造花に触れるー時間ーという商品に対する需要なんだと思う。



なので、レッスンにチカラを入れていくように軌道修正していったことは自然な流れだったと思います。

 

f:id:vertdegris87:20170701124009j:plain



ただここからどうやってさらにみなさんのソレに応えていくのか?

お花(プリザアート)に触れる時間の延長線をさらに掘り下げてみました。


それを考えた時に出てきたのが花材(プリザアート)販売の充実でした。
現在までも販売はしていましたが、材料コーナー的にひっそりと設置していたんですが、お花屋のように(お花屋だけど)、売り場に材料がびっしりと並んでいるイメージです。


ん?木津のラボをご存知の方は分かっておられるかもだけれど、そっちも小さいお店ながら、それなりに充実した花材販売をしている。


一緒やないの?一緒なの?


なんて声が聞こえそうですが、ラボと大きく違うのはお店のテイストです。


元々アンティーク色、アンティークなものが好きなウチは、万能カラーのラボとは違い、その特化部分として梅田という土地に踏み出したところがあるので、アンティークに絞った花材店雑貨店として、さらに特化させていきます。

いろんなご要望に応えていけるように今までテイストが混ざっていた部分があるんです。

そしてそれを変化させるのは賭けの部分もあります。

でも、ーここでしかないモノーを肥大化させることでこそ、ーわざわざ来るー場所じゃないだろうかと思っています。

 

f:id:vertdegris87:20170701123636j:plain




ちょこっと背伸びして、ヨーロッパアンティークの什器を増やし、さらに大人っぽくぽく。
今後は、blantiqueオリジナル花材などもどんどん販売予定!(まじ?)

 

これから、「アンティーク素材に触れる時間」を供給していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

f:id:vertdegris87:20170702103538j:plain{みんな来てね。。。

 

広告を非表示にする

日常に戻る

f:id:vertdegris87:20170428155842j:plain

(画像)飛騨の野谷さんとこの染めフランネル

グレイッシュな色がとてもステキ!

 

 

 

母の日を無事に終えたVERTDEGRIS。

 

毎年、激務の後ということで、スタッフ休養のため、翌日を臨時休とさせていただいています。

 

 

ただ、うちには定期クラスのレッスンがあって、母の日の翌日も早朝から仕入です。

 

繁忙期の直後といこともあって、花の物量も少なく、仕入れにきているお花屋さんも少ない市場です。

 

レッスン主体でやっているうちは、一年を通して極端に仕入が減ることがあまりなく、仕入れ担当としてはなかなか一息つく間もないんだけど、こういった穏やかな市場でお花を選ぶ仕入が、僕はわりと好きなんですね(笑)

 

そして営業のない静まり帰った店内で、一人黙々とする水上げも好きなんです。

 

 

お花と向き合いながら、下手すると花に話しかけかねないようなステキなひと時です(笑)

 

 

休む間もなくまた日常が始まるわけですが、こういった時間を過ごすと、あーやっぱり花が好きなんだなーと実感します。

 

 

これから夏に向けて、お花の寿命も短くなっていきますが、やっぱりお花はイイです。

 

みなさん、グリーンに癒される夏にしていきましょう♬

 

ランキングに参加してます。

コチラ↓ぽちと応援お願いします!!

 

 

広告を非表示にする