GRIO日記2

花カフェ VERTDEGRIS 古川博之の日々のこと

鉢物UP


昨日は満月ぽかったなあ。

カランコエの新種

花とつぼみがめっちゃかわいい!!


カンガルーポー。オーストラリア産です。切花ではよく見かけるし、ドライにもなります。

カンガルーの足という意味で、産毛と形がカンガルーみたい。何とも言えない色><


最後の観葉は、アラレアというのやけど、なかなか太い木にはならないもの。
そして、何よりマニア魂をくすぶられたのが、実はこの木、同じアラレア同士ではあるのやけど、違う品種、違う葉っぱが1本の木から生えている。
まあ、接木−ツギキ−というやつ。

ここで、簡単な説明。
植物の増やし方というのはいろいろあって、まあわかりやすいものは、

実生→種から増やす 
挿し木→切った切り口を水や土にさして根っこを出す 
接木→木の切り口に、さらに違う枝などを接いで接合させる

ほかにもあるけれど、この3つがわかりやすい。
で接木では、その台に使う植物と枝が異なることも多い。
それが結構おもしろいなあと思う。

前に、ライラックを育てていたときがあって、なにやら、下から違う葉っぱが生えてきてる・・・
何も知らないころ、新芽は葉っぱの形違うのかなあとスルーしてたけど、終いには上の葉が落葉して、その下の葉だけが残った・・・
いま思えば、先祖帰りやったんかなあと思う。
先祖帰りとは、元の台木に栄養を吸い取られ、元の木に乗っ取られるとゆうもの。
後に本を読んだら、ライラックは、よくオオデマリ(やったっけ?)の台木に接木されてるらしいとのこと。
ぺたりm><m
でも、このアラレアはおもろいなあ(笑)

vertdegris@i.softbank.jp 古川博之
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村ランキング参加してます!!

広告を非表示にする