読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRIO日記2

花カフェ VERTDEGRIS 古川博之の日々のこと

3月4月のVERTDEGRIS

f:id:vertdegris87:20170303133149j:plain

超超ひっさしぶりにブログ書いてます。

 

書くことあるんだけど、その前にちょっとこのSNS関係のことを。

 

僕は今んとこ、このサボりなブログと、サボりのインスタグラムと、少しだけ更新しているFBと、3つやってます。

 

特に、お店やっている知人とかも最低限このあたりはやってはるんだと思ってるんだけど、これって使い分けがあるんでしょかね。

 

なんか、まったく同じ記事を載せるのが、いいのか悪いのか迷ったりすることもあったり、でも違う記事を3つともバラバラに毎日更新するとか、サボりな僕には出来ないので(ぐうたらじゃないんですよ苦笑)、日々迷走しております(笑)

 

 

さあさ、それはさておき。

 

 

約1ヶ月ブログあいたわけですが、3月4月は、卒業関係、送別関係などで花屋の非常に忙しい時期です。

 

今年はポンプ小屋も7年目を迎える年ともあって、毎年リピートしてくださる方も多く徐々に注文が増えてきていて、今年もほんとにたくさんのご注文いただきました。

 

まだまだ寒くて水も冷たくて大変な時期ではあるんだけど、ほんとにありがたい限りです。

 

出会いと別れに添えられるのはやっぱり花ですよね。

 

 

花屋だからこそ思うんですが、やっぱり花の需要を増やすというか、花への関心度って関心のない層に訴えかけるのってほんとに難しいことだと思うんですよね。

 

自分自身、ほんとにこの世界に入ったのは結構な偶然のつながりの中でなので、ひょっとしたら、花の良さに気づかずに過ごしている未来もあったかもしれない。

 

でも、料理と同じくらい人が本能で感じることのできるものだし、なによりほんとに生活のすぐ傍にあるものだから、

こうして文化という形でいろんな方に贈り贈られしていることにすごく可能性を感じます。

 

特に男性の方は初めてお花を贈られる方もおられるだろう。

 

その思いをまた違うだれかに届けてもらえるようになったら、花屋さんも生産者さんもすごくうれしいなーと思います!

 

みなさん、ステキな惜別になりますように!(言い方おかしい?!笑)

 

 

 

 

ランキングに参加してます。

コチラ↓ぽちと応援お願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする